瀬戸内寂聴さん/天台宗名誉住職・小説家

瀬戸内寂聴さん/天台宗名誉住職・小説家

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)プロフィール ※インタビュー当時
徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。代表作に『夏の終り』や『花に問え』『場所』など。古典に造詣が深く、特に『源氏物語』に関する著書は多数。98年『源氏物語』の現代語全訳完成。また、執筆以外にも、僧侶として『写経の会』や『法話の会』を開き、多くの人々の心の拠り所をつくっている。東日本大震災後に大病を患うも、2016年、94歳にして初の掌小説『求愛』を発表するなど、精力的に活動している。1922年5月15日生まれ。僧位は僧正。97年文化功労者、06年文化勲章。

瀬戸内寂聴さん/天台宗名誉住職・小説家
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
瀬戸内寂聴さん/天台宗名誉住職・小説家

この記事を書いた人

編集者・インタビュアー沖中幸太郎
人・食・空間・カルチャーのXを探る編集者。
10代から100歳、コワモテから天才少女まで、さまざまな人物のライフヒストリーをまとめるインタビュアー。編著に『“好き”を仕事に変える』(アルファポリス刊)。

ラワープの演奏 ・中央アジアとシルクロード・羊肉料理 ・散歩と寄り道・暇とムダがすきです。