著書

著作や資料など、パブリッシング情報をご紹介します。

《書籍》

出版社:アルファポリス(星雲社) 単行本256ページ 定価1400円+税 ISBN:978-4-434-23533-7

「”好き”を仕事に変える」
血のにじまない努力で真打大抜擢の落語家、SMAPを“坊主頭”にした特殊メイクアップアーティスト、大河ドラマ・月9の人気作曲家、教育演劇学博士のパントマイミスト、日本最高峰のハンドメイド高級靴職人、挫折から這い上がった神宮のスタジアムDJ、世界に羽ばたく書道家、事故から復活を遂げた元競輪選手のパン職人、”魔法のしずく”を届ける調香師、夜の路上からはじまった絵本の読み聞かせ屋、世界中を駆け回るコーヒーハンター、国産腕時計メーカーの仕掛人……。インタビュアー沖中幸太郎が一緒に思い出す、挫折や失敗を繰り返しながら“好き”を仕事に変えた12人の挑戦の物語。

《ひと言》本書には「こうすべき」という答えは一切書かれていません。正解は人それぞれ。12人のエピソードを通じて、答えのない道に迷った時、今いる場所でいっぱいいっぱいになった時、道を降りることなく進むためのひとつの拠り所「ここだけではない景色」をご紹介しています。

 
01.川島良彰/コーヒーハンター
02.坂口 慶/絵本の読み聞かせ屋
03.江川悦子/特殊メイクアップアーティスト
04.春風亭一之輔/落語家
05.山口千尋/靴職人
06.内山愛子/調香師
07.佐藤直紀/作曲家
08.パトリック・ユウ/スタジアムDJ
09.多似良泉己/パン・ケーキ職人
10.藤倉健雄/パントマイミスト
11.矢部澄翔/書家
12.遠藤弘満/国産腕時計メーカー

記憶を辿る旅
地方の新聞社で働いていた頃。出張先の東京で感じた「熱」にほだされ、帰りの飛行機を逃してしまった私は、急遽新幹線で日本縦断をすることになり……。ヒッチハイクで上京する前年の「プロローグ」を綴った、JR東日本社外広報誌の巻頭エッセイ「私の休日」。

発行:JR-EAST(2015.02.01)