五十嵐太郎さん(建築批評家 東北大学大学院教授)インタビュー

日本は『お金』を優先させ、ヨーロッパは『文化』を優先させる

この日が初めての東北、仙台市。1967年、パリ生まれ。建築史・建築批評家。1990年、東京大学工学部建築学科卒業。1992年、東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。現在、東北大学大学院教授。せんだいスクール・オブ・デザイン教員を兼任。あいちトリエンナーレ2013芸術監督。第11回ベネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示コミッショナーを務める。『現代日本建築家列伝』(河出書房新社)、『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)、『3.11/After』(監修・LIXIL出版)ほか著書多数。五十嵐さんに『あいちトリエンナーレ2013』や『せんだいスクール・オブ・デザイン』での取り組みと今後の本や電子書籍のあり方について、存分に語っていただきました。またインタビュー中には、紙だから出来る芸術作品としての見せ方ができるものをご紹介いただきました。新しい表現方法を模索するユニークな本は、私の書棚に置かれています。

インタビューを読む。