林望さん(作家)インタビュー

紙、電子を使い分ければ、歴史に残る良質の本を生み出せる

林望さんは、日本古典文学の研究者として書誌学を修め、イギリス滞在時には、『ケンブリッジ大学所蔵 和漢古書総合目録』を編さんした、いわば本のエキスパート。その後は、表現者として仕事の幅を広げ、小説家、詩人としても活躍し、現在は長大な『源氏物語』の現代語訳に力を注いでいます。林望先生に本や出版への思い、電子書籍への期待などについて伺いました。

インタビューを読む。