山内志朗さん(慶応義塾大学文学部教授、慶応義塾女子高等学校校長)インタビュー

山内志朗さん(慶応義塾大学文学部教授、慶応義塾女子高等学校校長)

「現代の問題を解く新しい価値観を生み出す」

プロフィール

1957年生まれ。東京大学人文科学研究科博士課程単位取得。新潟大学人文学部教授などを経て、現職。主な研究テーマは、中世後期から近世初頭にかけての形而上学と倫理学。 著書に『「誤読」の哲学 ドゥルーズ、フーコーから中世哲学へ』(青土社)、『存在の一義性を求めて―ドゥンス・スコトゥスと13世紀の〈知〉の革命』(岩波書店)、『普遍論争 近代の源流としての』(平凡社)、『笑いと哲学の微妙な関係―25のコメディーと古典朗読つき哲学饗宴(つまみぐい)』(哲学書房)など。

インタビュー記事を読む。(外部掲載先にリンクしています)