辻野晃一郎さん(アレックス株式会社 代表取締役社長兼CEO)インタビュー

辻野晃一郎さん(アレックス株式会社 代表取締役社長兼CEO)

「日本を変える、世界に仕掛ける」

解説

常に当事者として奔走しているためか、過去の成功体験に対しても「昔のことは忘れちゃったなぁ」と笑いながらさらり。振り返ることは稀であり、外野からのノイズもさくっとかわす。その想いは『成功体験はいらない』(PHP研究所)にまとめられている。成功体験を積んでいくことはとても大事だが、それが足かせになってはいけない。インタビュー中に終始登場した言葉は、「まだまだこれから」

プロフィール

1957年、福岡県生まれ。慶応義塾大学大学院工学研究科修了、カリフォルニア工科大学大学院電気工学科修了。ソニーにてVAIO、デジタルTV、ホームビデオ、パーソナルオーディオ等のカンパニープレジデントを歴任した後、2006年3月に退社。翌年、グーグルに入社し、その後、グーグル日本法人代表取締役社長に就任。2010年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業、現在に至る。 著書に『成功体験はいらない』(PHP研究所)、『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(新潮社)がある。

インタビュー記事を読む。(外部掲載先にリンクしています。)