高橋洋一さん(嘉悦大学教授 経済学者)インタビュー

高橋洋一さん(嘉悦大学教授 経済学者)
「風の吹くまま、気の向くまま」

解説

高橋洋一先生が、物事をシンプルに考えるようになったのは小学生の頃から。すべて成り行き、という高橋先生の生き方のモットーは「風車」。「こうするべし」と思ったことは、一度もない。「『風の吹くまま、気の向くまま』風が吹けば吹いたで、その時やるけれど、風が吹かなければ、昼寝。そのうちに、いい風が吹く時もある。」

ただ「あまり人の意見を聞かない」と言われることに関しては「私は意見を言う立場であって、意見を聞く立場になっていない。仕事として、行政官の時に、仕方なく意見を聞いたことはありますよ(笑)。でも、今意見を言う立場であれば、誰かの意見は関係ないですし、そもそもその立場にいる意味がありません。「誰かのためにやっています」なんて言うつもりはありませんが、その気持ちだけは変わらないでしょう。」い答える

プロフィール

1955年、東京都生まれ。東京大学理学部数学科、東京大学経済学部経済学科を卒業。官邸勤務の傍ら、加藤寛先生から博士号をいただく(政策研究。千葉商科大学)。大蔵省(現・財務省)理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)等を歴任。2010年より嘉悦大学ビジネス創造学部教授。また、インターネット上の私塾「高橋政治経済科学塾」も開講している。著書『さらば財務省!』(講談社)では第17回 山本七平賞を受賞した。近著に『アベノミクスの逆襲』『経済のしくみがわかる「数学の話」』(PHP研究所)、『バカな外交論』(あさ出版)、『「成長戦略」の罠』(祥伝社)など。

インタビュー

嘉悦大学にある高橋洋一先生の研究室を訪ねたインタビュー記事は、こちら。(外部掲載先にリンクしています。)