佐々木俊尚さん(フリージャーナリスト)インタビュー

「新しい哲学を語ってくれるのが本」

解説

フリージャーナリストの佐々木俊尚さんは、小さい頃から読書家だった。図書館や古本屋、小説から哲学まで、あらゆるジャンルを読み漁り、親から「もう本読むな」と怒られたほど。ジャーナリストを職業にするようになってからは、特に資料として本を読むことになったが、際限なく増えるので、電子化して極力ものを減らした状態にしている。そんな佐々木さんにとって、本とは「『新しい哲学』を語ってくれるもの」。

プロフィール

兵庫県西脇市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科中退後、1988年毎日新聞社入社。警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材。1999年、アスキーに移籍。『月刊アスキー』編集部などを経て2003年退社後はフリーの作家・ジャーナリストとして活躍中。IT関連を中心に様々な雑誌、媒体に寄稿。主な著書に「当事者の時代」(光文社新書)「キュレーションの時代」(ちくま新書)「電子書籍の衝撃」(ディスカヴァー21)など。総務省情報通信白書編集委員。