貫井徳郎さん(小説家)インタビュー

貫井徳郎さん(小説家)インタビュー

プロフィール

1968年生まれ。早稲田大学商学部卒業。93年、第4回鮎川哲也賞最終候補作となった『慟哭(東京創元社)』が、予選委員であった北村薫氏の激賞を受けデビュー。2010年『乱反射(朝日新聞出版)』にて第63回推理作家協会賞受賞、『後悔と真実の色(幻冬舎)』にて第23回山本周五郎賞受賞。著書に、『プリズム(東京創元社)』、『悪党たちは千里を走る (幻冬舎)』、『空白の叫び(文藝春秋)』、『夜想(文藝春秋)』、『灰色の虹(新潮社)』などがある。近著に『新月譚(文藝春秋)』、『微笑む人(実業之日本社)』。

インタビュー(聞き手)