向谷匡史さん(浄土真宗本願寺派僧侶 作家)

今ある現状の中で自分が一番ハッピーなものを求めていく。それが面白く人生を生きる秘訣である

拓殖大学卒業後、週刊誌記者を経てベストセラー作家になった向谷匡史さん。『人はカネで9割動く』(ダイヤモンド社)や、『図解 ヤクザの必勝心理術』(イースト・プレス)などユニークな著書を多数執筆されています。また作家であると同時に、浄土真宗本願寺派僧侶、保護司、日本空手道『昇空館』館長などいくつもの顔をお持ちの向谷さんに、読書について、電子書籍について考える事などをお伺いしました。

インタビュー記事を読む。