小坂康人さん、玲央さん(木曽漆器。丸嘉小坂漆器店)インタビュー

小坂康人さん、玲央さん(木曽漆器。丸嘉小坂漆器店)の一筆

康人さん「役に立てる物造り」
玲央さん「誠実に」

一筆御礼

塩尻から電車で20分ほどで、木曽平沢に到着。

プロフィール

小坂康人
塗師・伝統工芸士

52年、長野県塩尻市木曽平沢生まれ。第一期生として漆芸学院を卒業後、初代の後を受け継いで、丸嘉小坂漆器店の二代目となる。工房での製品以外にも、漆芸作家として手がけた作品は数々の美術展や展覧会で入賞し、シンガポールやニューヨークなど海外のギャラリーでも常設展示される。全国有名百貨店での個展多数。

小坂玲央
木工職人・一級家具製作技能士

81年、長野県木曽郡楢川村平沢(現・塩尻市木曽平沢)生まれ。医療現場からの転職で、業界入り。上松技術専門校木工科を卒業し、同年長野県技能競技大会で優勝。その後、木曽高等漆芸学院髹漆(きゅうしつ)科、家具制作会社での修行を経て、丸嘉小坂漆器店に入社。以後漆塗り家具の製作に従事。“百色”ブランドの企画を担当し、4年の試行錯誤を経て商品化する。

インタビュー

インタビュー記事を読む(外部リンク)