岸朝子さん(食生活ジャーナリスト)インタビュー

岸朝子さん(食生活ジャーナリスト)のひと言

「勝手にしやがれ」

プロフィール

1923年、東京都生まれ。女子栄養学園(現・女子栄養大学)卒業。 32歳のとき、主婦の友社に入社。料理記者としてスタートをきる。その後、女子栄養大学出版部に移り、『栄養と料理』の編集長を10年間務める。その間、食べ歩き、器の楽しみなど新しい企画で販売部数を2倍に伸ばす。1979年、株式会社エディターズを設立。料理、栄養に関する雑誌や書籍を多数企画、編集する。フジテレビ系列『料理の鉄人』をはじめ、TV出演も多数。 著書に『このまま100歳までおいしゅうございます』(東京書籍)、『おいしいお取寄せ』(文化出版局)、『日本各地の味を楽しむ 食の地図』(帝国書院)など。

沖中幸太郎のインタビュー御礼

「私ね、最近『勝手にしやがれ』が信条なの」。食生活ジャーナリストの岸朝子さんのオフィスを訪ねた時、開口一番笑いながら答えてくれたのは、名台詞「おいしゅうございます」ではなくこの言葉。

勝手気まま」に、料理記者歴60年の間に培った“審味眼”でおいしいものを食べながら毎日を過ごす。とは言うものの健康面については、「周りがうるそうございますから……」と、食後の一服だけが唯一の一服タイムだそう。好きなこと、本、言葉、出会い、別れ、人生の節目に起こった出来事……、目を輝かせながら語ってくれる。インタビュー後に記念撮影。「あんまり近づくと奥様に怒られるわ」と冗談を言いながら一枚。これで「“100歳までおいしゅうございます”ね」と、最後までお茶目な岸朝子さんだった。

 インタビュー
インタビューを読む。(外部リンク)