片山修さん(経済ジャーナリスト 経営評論家)インタビュー

片山修さん(経済ジャーナリスト 経営評論家)

「好奇心があれば、常に新しく、日々面白い」

解説

幼少期の新聞の切り抜き、ご当地新聞の題字集め、学校の塀を飛び越えて映画館に通っていたことなど、「なぜ」や、「どうして」という強い好奇心があり、それを頼りに、新聞社、週刊誌、フリーランスと渡り歩いてきた。「若い時は、それこそ脂汗タラタラになることはありましたよ(笑)」「ジャーナリストは謙虚さを失ってはいけない」。失敗談や、苦労を後進のために笑顔で語る。片山修のずだぶくろ」では、多種メディア記事からの経済事象の解説を読むことができる。

プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。地方新聞記者を経て、フリージャーナリストに。 2001年−2011年まで10年間、学習院女子大学客員教授として教壇に立つ。 経済、経営、政治など幅広いテーマを手掛けており、『中央公論』『文藝春秋』『Voice』『潮』など、ほか多数の雑誌に論文を執筆している。長年の取材経験に裏打ちされた企業論、組織論、人事論には定評があり、50冊以上ある著書の中でも『ソニーの法則』(小学館文庫)は20万部、『トヨタの方式』(同)は8万部のベストセラーに。中国語、韓国語への翻訳書も多数出版されている。

インタビュー

インタビュー記事を読む。(外部掲載先にリンクしています。)