城繁幸さん(株式会社ジョーズラボ代表取締役)インタビュー

【インタビュー日時】2012.04/11
【インタビュークレジット】聞き手

【インタビュイープロフィール(インタビュー当時)】
1973年、山口県生まれ。山口県立徳山高等学校、東京大学法学部卒業。1997年に富士通に入社。富士通では人事部に勤務し、成果主義を導入した新人事制度導入直後から運営に携わった。2004年に退社し、富士通が行った成果主義の問題点や日本型成果主義の矛盾点を自著で指摘している。 「世代間格差」の視点から、主に雇用や労働における格差是正を主張している。また、新卒一括採用や終身雇用、年功序列反対の立場を表明。雇用の流動化、職務給化による「同一労働同一賃金」を主張している。株式会社ジョーズ・ラボ代表取締役。ワカモノ・マニフェスト策定委員会のメンバーを務める。