石原壮一郎さん(コラムニスト )インタビュー

今は「遊び半分」で本を読むという余裕がない時代。ぶらぶらと散歩をするような余裕を持って、本や雑誌を読もう。

雑誌『QA』や『ID-JAPAN』の編集者を経て、『大人養成講座』(扶桑社)で作家としてデビュー。以後ユニークな語り口で「大人」文化をけん引するコラムニストとして活躍される石原さんに、本との出会い、また電子書籍について思われることなどをお伺いしました。

インタビューを読む。