濱田美里さん(料理研究家)インタビュー

濱田美里さん(料理研究家)

「料理を舞台に“台所の力”を伝える」

1977年、広島県生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。 大学在学中から、世界を旅し、それぞれの土地の料理を食べ歩きながら台所をのぞく。 2003年、処女作『簡単!びっくり!炊飯器クッキング』(主婦と生活社)を出版後、さまざまな料理本を手がけ、出版本は40冊以上(2015年現在)。 2008年、北京中医薬大学日本校 中医中薬専攻科卒業。また、都内にて料理教室「濱田美里のお料理の会」を始める。1回6名の少人数制で、「一緒に料理して一緒に食べる」ことを大切にしている。 近著に『食べて改善 おくすりスープ』(オレンジページ)、『炊飯器シリコンスチーマーでらくウマ1人分ごはん』(泰文堂)、『干し野菜百科』(河出書房新社)など。

インタビュー記事。(外部掲載先にリンクしています。)