古川昭夫さん(学習塾、科学的教育グループSEG代表)インタビュー

「楽しさの中で見つけたものが自信となり、将来につながる」

解説

中高生向けの学習塾、科学的教育グループSEGの代表を務める古川昭夫さん。「楽しく学ぶ」をモットーに、数学や英語を単なる「暗記科目、受験科目」にせず、楽しさを通じて教えている。「楽しさの中で見つけたものが自信となり、将来につながる」という古川先生。

自身が数学への楽しみを覚えたのは、小学校高学年の、ある算数の授業中。先生の示す回答に、「おや?」という違和感を覚えたものの、経験のまさる大人を相手に「正しさ」を証明するのは難しかった。しかし、数学なら大人と対等に理論で正しさを証明することができる――そのことに、数学というものの面白さを見いだした。

楽しく学ぶことで得た自信を、豊かな人生を歩み、社会でチャレンジすることに役立ててほしい。

プロフィール

東京都府中市出身。東京大学理学部数学科卒、東京都立大学大学院理学研究科博士課程修了。 大学生時代より、有名学習塾にて教鞭をとる。 1981年に、中高生対象の塾SEG(科学的教育グループ)を創立。 有名予備校でも教鞭をとり、1985年より、月刊「大 学への数学」に連載を執筆。 英語教育の分野では、SSS英語多読研究会・日本多読学会を立ち上げ、英語多読の普及活動など、教育全般の改革・研究活動をおこなっている。

インタビュー

古川昭夫さんへのインタビュー記事は、こちら。(外部掲載先にリンクしています。)
※科学的教育グループSEGのサイトにてご紹介されました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)