藤原和博さん(著述家、東京学芸大学客員教授)インタビュー

「情報編集力」を磨け

解説

思考力・判断力・表現力は従来の日本の正解主義では養えない。そもそも正解は一つではないし、用意されてもいないので、何択かで答えるものではなく、みずからが編み出していくもの。「みんな一緒」の高度成長社会は終わり、すでに成熟社会となった今、ちまたに情報は溢れ返っている。その中で、どう解を導き出すのか。そのみずからの考える解=正解を導くのが、「情報編集力」だ。

プロフィール

1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。08年~11年、橋下大阪府知事ならびに府教委の教育政策特別顧問。日本の技術と職人芸の結晶であるブランドを超えた腕時計「japan」(左竜頭、文字盤漆塗り)を諏訪の時計師と共同開発した。近著「坂の上の坂」でも論じられている成熟社会や“新しい日本人”のライフスタイルについて、編集長を務める『よのなかnet』で発信している。

インタビュー

藤原和博さんへのインタビュー(※聞き手のみ)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)