藤倉健雄さん(カンジヤマ・マイム)インタビュー

藤倉健雄さん(カンジヤマ・マイム)の一筆

「Pay it forward」

プロフィール

藤倉健雄(ふじくら・たけお)
カンジヤマ・マイム主宰

Ph.D (教育演劇学博士)。早稲田大学国際教養学部(SILS)、および上智大学国際教養学部(FLA)講師。ニューヨーク州立大学演劇学部修士課程を経て、ウィスコンシン大学演劇学部博士課程修了。アメリカマイムの巨匠、トニー・モンタナロ氏に長年師事し、米国内の多くの大学でマイムや教育演劇のクラスを指導する。マイム歴40年。マイム、教育演劇に関する著書、訳書、および論文多数。中でも2008年日本の教育演劇に関する博士論文が、アメリカ教育演劇協会より最優秀論文賞を受賞した。NHKテレビ「おかあさんといっしょ」の身体表現コーナー「パント!」の振付、監修担当、また、NHK国際放送「日本語クイックレッスン」のマイムコーナー「Grab it!」の振付を担当し、自ら出演している。【公式ウェブサイト】。

一筆御礼

先人のおかげで、世の中にすでに認知されている言葉がある。けれども、そこからさらに自分の道を切り拓こうとした時、従来の言葉だけでは正確に言い表せない時がある。藤倉健雄さん率いるカンジヤマ・マイムにとって、「パントマイム」という言葉がそれに当たる。

パントマイムの従来イメージ「無口で、白塗りの大道芸」という型を破り、“おしゃべりなパントマイム”で、「人生への憧れ」を全身を使った身体表現へと昇華する。 人だけでなく、さまざまなことを「インタビュー」したいぼくにとって、藤倉さんのアカデミズムを追求したカンジヤマ・マイムの活動には、オリジナルを発信していくためのヒントがたくさん詰まっているように見える。

その要素を盗む許可(?)を願うと、「どうぞ喜んで」と快諾していただき、またひとつ話し手から「借り」ができた。 マイムに出会って40年。藤倉さんも、たくさんの「借り」と「ご縁」を受け取ってきたという。

「生きるとは人に借りをつくる事。生きてゆくとは人に借りを返す事」

かつて永六輔さんが作詞した「生きることとは」の曲の一節であるこの言葉は、永六輔さんから芸を見出され、ことあるごとにチャンスを受け取った藤倉さんの、心に根を下ろした「受け継ぎたい」言葉でもある。インタビューから1ヶ月後、教鞭をとる早稲田で、多くの学生を目の前に、全身全霊で恩返しする藤倉さんの姿を見ることができた。

インタビュー(インタビュー・文)

読む。(外部リンク)