十五代酒井田柿右衛門(柿右衛門窯、当主)インタビュー

十五代酒井田柿右衛門(柿右衛門窯、当主)の一筆

「長生き」

プロフィール

十五代酒井田柿右衛門(さかいだ・かきえもん)

1968年佐賀県有田町生まれ。多摩美術大学にて日本画を学ぶ。94年、十四代柿右衛門に師事し、柿右衛門窯に入る。13年、重要無形文化財保持団体「柿右衛門製陶技術保存会」会長に就任。翌年2月、十五代酒井田柿右衛門を襲名。『団栗文』や『唐梅文』など、伝統ある濁手の中に新しい題材を加えるなど、当代ならではの絵付けを施すことで、柿右衛門の原点と現代への調和を考えた器づくりに挑戦している。

幸太郎の一筆御礼

十五代柿右衛門さんを訪ねて、有田に向かった。襲名して3年目、現在は伝統という枠組みの中で自分の色をどのように塗り重ねていくのか。過去370年の柿右衛門釜の伝統の継承、窯に入って20年以上経つが、今改めてその出発点に立つ心境という。その継承の中で、どこまで技術を磨き次代に繋げていけるか。「長生き」という言葉から、そうした十五代柿右衛門の静かなそして短い決意を感じた。

インタビュー(インタビュー・文)

インタビュー記事を読む(外部リンク)。